あなたの町の
外国為替保証金取引

外貨預金との違いは?悪質な業者がいるって聞いたけど?どの外国為替保証金取引業者を選べばいいのかわからない!
というあなた。お任せ下さい!あなたの町の外国為替保証金取引ではあなたの疑問に丁寧に答えます。日本で1番親切な為替サイトを目指します。
あなたの町の外国為替保証金取引外貨預金と外国為替保証金取引の違い>スプレッドについて


スプレッドについて


突然ですが・・・119.98-120.02
為替取引でこのような数字をご覧になったことはあるでしょうか?右側にある120.02がドルを買いたい人のレートです。今なら1ドルを120.02円で買うことができます。難しい言葉で、買値・ビッド・BIDと呼ばれることもあります。
左側にある119.98がドルを売りたい人のレートです。今なら1ドルを119.98円円で売ることができます。難しい言葉で、売値・オファー・OFFERと呼ばれることもあります。
この買いたい値段と売りたい値段の開きをスプレッドといいます。

外貨預金では約2円のスプレッドになるのに対して、外国為替保証金取引ではたったの約4銭です。
外貨預金と比較すると、外国為替保証金取引のスプレッドはなんと50分の1になります。今のレートが約120円とすると外貨預金では119.00−121.00になります。外国為替保証金取引だと119.98-120.02です。
もし銀行でアメリカドルを1万ドル買うとすると121×10000ドルで1210000円。つまり121万円かかります。
もし外国為替保証金取引業者で1万ドル買うとすると120.02×10000ドルで1200200円。つまり120万200円かかります。
その差は121万円ー120万200円で9800円です。同じ取引でも銀行で外貨預金をするか、それとも外国為替保証金取引業者で為替取引をするかで手数料が大きく変わってきます。

inserted by FC2 system