あなたの町の
外国為替保証金取引

外貨預金との違いは?悪質な業者がいるって聞いたけど?どの外国為替保証金取引業者を選べばいいのかわからない!
というあなた。お任せ下さい!あなたの町の外国為替保証金取引ではあなたの疑問に丁寧に答えます。日本で1番親切な為替サイトを目指します。
あなたの町の外国為替保証金取引>2006年の為替相場を予測


2006年の為替相場を予測


2006年はドルは上がるのでしょうか?下がるのでしょうか?銀行などの主要為替業者25社が2006年度末の為替予測をしています。これを見ると今年はドルをあまり積極的に買うべきではないと思います。

ダウ・ジョーンズ・ニューズワイヤーズが銀行などの主要為替業者25社におこなった聞きとり調査では、2006年の末には各金融業者の予想を平均すると1ドル108円である!との予想です。確かにスワップポイントで魅力的なドルですが少し参考にしてください。

2005年は確かにドルがどんどん上がりました。2005年の1月初めは1ドル102円だったドルが、なんと2005年末には121円まで上がっています。19円もの円安ドル高です。理由はドルの金利がどんどん上がっていき日本との金利差が注目されたためです。アメリカは4.5%以上で日本は0.1%です。アメリカのドルをみんな買いたくなりますよね。私も買いました(^∇^〃)しかし私は今年、ドルを買うつもりはありません。

理由は、2005年は金利差が拡大していましたが、アメリカの米FOMCは確実に金利の引き上げをやめます。そうすると、金利差拡大から買われていたドルを買う理由がなくなります。
また度重なる利上げの影響で、景気がジワジワと悪化しています。アメリカの企業を象徴するGMやフォードなどの大手自動車メーカーは、省エネで勝る日本の自動車メーカーに押されて大きく利益を減らしています。

一方、日本の景気は長く低迷していましたが、2005年度の日本の経済成長率は2.7%と約5年ぶりの経済成長率です。経済の強さで見ると、今年のアメリカの経済は低迷し、日本の経済は成長していきます。

以上の理由から、2006年度は円高・ドル安の年になると思います。

為替業者25社の2006年度末の為替予測などの有益な情報は、外為どっとコムのレポートで見ることができます。
為どっとコムのレポートで見るには・・・・

口座を開設するだけ!
そのほかの費用は一切なし!
口座を管理する費用もいらないので、ダウ・ジョーンズ・ニューズワイヤーズなどの有料のレポートを見ることができるのに実質無料ですo(*^▽^*)o
絶対に口座を開設していて損はないです。

外為どっとコムの資料を請求する



ダウ・ジョーンズ・ニューズワイヤーズとは
1日あたり約7,000本にも達する金融・経済・政治に関する専門情報をリアル・タイムで電子配信してる会社です。1882年に設立されています。バロンズやウォール・ストリート・ジャーナルなどと共に、 ダウ・ジョーンズ・ニューズワイヤーズはダウ・ジョーンズ社の中心事業となっています。



inserted by FC2 system