あなたの町の
外国為替保証金取引

外貨預金との違いは?悪質な業者がいるって聞いたけど?どの外国為替保証金取引業者を選べばいいのかわからない!
というあなた。お任せ下さい!あなたの町の外国為替保証金取引ではあなたの疑問に丁寧に答えます。日本で1番親切な為替サイトを目指します。
あなたの町の外国為替保証金取引絶対に選んではいけない業者>あなたの会社 レートに開きがありませんか?


あなたの会社 レートに開きがありませんか?

〜〜売買手数料で得をして、損をしている人たちPart3〜〜


あなたはこんな会社を選んでいませんか?

売りと買いのレートが常に大きく開いている会社
(ドル/円の場合は8銭以上 ユーロ/円の場合は9銭以上)

→売買手数料が安くなければ、レートの開いている外国為替保証金取引業者では、何の得もしていません。他の外国為替保証金取引業者を検討してみてはどうでしょうか。

なぜレートに開きがあると問題なのでしょうか。考えていきましょう。
今回も外為どっとコムさんにでてきてもらいましょう。
2006年1月11日21時15分現在、米ドル円の通貨ペアは114.30−114.34です。
レートの開きは114.34ー114.30で0.04円です。

次にとっても怪しい外国為替保証金取引業者、Z社の登場です。こちらのレートは114.20ー114.40とします。
レートの開きは114.40ー114.20で0.2円です。


外為どっとコムとZ社を比較

Aさんは外為どっとコムで30万ドルを買いました。
いくらになるかというと、114.34円×30万で3430万2000円です。
半年後、見事Aさんの予想があたり円安がすすみました。レートは119.30−119.34です(今後レートが119.30−119.34にいくかどうかわかりません。あくまでもイメージです)

では計算していきましょう。売るときは119.30円の方をつかうんですね。
119.30円×30万で3579万円になります。
引き算をすると3579万円ー3430万2000円で148万8000円の儲けになります。

つぎにあやしい外国為替保証金取引業者、Z社で取引したときのことを考えて見ましょう。
レートの開きは114.40ー114.20で0.2円もあるんでしたね。
では同じように、30万ドルを買いたいと思います。
114.40円×30万で3432万円です。


どっちがどれだけお得なの?

半年後のレートはどうなるでしょうか。
こちらでは119.40−119.20円になります。では実際に米ドルを売った場合の計算をしましょう。
119.20円×30万は3576万円です。Aさんの儲けはというと、
3576万円-3432万円で144万円です(やっと暗算ができた;^_^A)

外為どっとコムでの儲けは148万8000円でしたので、Z社との儲けた差はどれくらいになるかというと、
148万8000円ー144万円で4万8000円です。4万8千円の差は大きいですね。Aさんは4万8000円損をして、Z社は外為どっとコムに比べて4万8千円儲けたことになります。売買手数料いがいにも見えない手数料があることをわかってもらえたでしょうか?

inserted by FC2 system