あなたの町の
外国為替保証金取引

外貨預金との違いは?悪質な業者がいるって聞いたけど?どの外国為替保証金取引業者を選べばいいのかわからない!
というあなた。お任せ下さい!あなたの町の外国為替保証金取引ではあなたの疑問に丁寧に答えます。日本で1番親切な為替サイトを目指します。
あなたの町の外国為替保証金取引絶対に選んではいけない業者>売りのレートと買いのレートで損をしていませんか?


売りのレートと買いのレートで損をしていませんか?

〜〜売買手数料で得をして、損をしている人たちPart2〜〜


あなたはこんな会社を選んでいませんか?

売りのレートと買いのレートどちらか一方しか提示しない会社

→怪しい外国為替保証金取引業者です。今すぐ取引をやめましょう。

例えば通貨ペアが米ドル円で現在値が114.27−114.31だったとします。
この意味は、通貨の交換がアメリカドルと日本円でおこなわれ、アメリカドルを買うなら、1ドル114.31円で買うことが出来ますよ!逆に1ドルを売るなら114.27円で売れますよ!という意味です。

一般的には114.27−114.31のように、買うときは・・・売るときは・・・と、買うときの値段と売るときの値段をはっきりと業者が提示してれます。しかし中にはいるんです。私たちがわからないことをいいことに、あくどく儲ける奴が!(奴ではありませんね。外国為替保証金取引業者です。)

どんな外国為替保証金取引業者かというと、今のレートが米ドル円で114.27−114.31だったとします。このとき、アメリカドルを買おうと思ったら、114.31円払わないといけませんよね。
114.27円のほうではないですよ!勘違いしないで下さい。わかりやすくするため50−114.31としましょう!ありえませんが( ̄ー ̄; )
1ドルが50円で変えたら変ですよね。1ドルを買うためには、やっぱり左側にある114.31円払わないといけないわけです。


私があくどい会社Z社です!

ここにZ社があります。
スワップポイントで損をしていませんか?のようにリンクを貼りたかったのですが、該当の外国為替保証金取引業者をしらないので、リンクを貼ることができません。誰か教えてくださいm(_ _"m)なんとなくリンクあったほうが、おもしろそうなのでよろしくお願いします。
このZ社に注文してみました。
Aさん
「米ドル円で10万ドルのドル買いをします。現在の買いレートを教えてください。」
Z社
「現在の米ドルの買いレートは114.51円です」
Aさん
「わかりました。では取引の方お願いします。」


ておいおい!Aさんあんた思いっきり損しているよ(>Д<)
だって今のレートは114.27−114.31です。
Aさんがいくら損をしたのか考えて見ましょう。


Aさんはいくら損したの?

Aさんは1ドルを114.51円で買いました。
10万ドルを買ったので、114.51円×10万倍で1145万1000円です←文字では表せませんが、ここはすんなり計算できませんよー!
「え〜と114.51円を10万倍するといくつになるんだろ・・・」
数秒経過
わからん!電卓、電卓o(..=) (=・・=) (= ¨ )o
と見えない苦労があるわけです。


話はそれましたが、実際にかかるお金を計算しましょう。
レートは114.27−114.31なので、114.31円×10万倍で1143万1000円です。
Aさんはいくら損したのでしょうか。

1145万1000円−1143万1000円で2万円です。
なんとZ社は2万もこっそりネコババしていたのです!たとえ手数料が無料、もしくは安くてもこれでは得していません。見えない手数料ですね。
許せますか?許せませんよね。だって、うまいぼう2000本買えるんですから・・・
ちなみに、うまいぼうは10円です。

しかし買いレートと売りレートの両方ともを提示していたらいいのか、というわけではありません。次回そこら辺を見ていきましょう。
もしあなたが既に外国為替証拠金取引をしていて、その取引レートが114.27−114.38だとしたら、かなり問題です!

inserted by FC2 system